クラミジア

新宿駅前クリニック泌尿器科では、性器クラミジア(クラミジア性尿道炎)および、咽頭クラミジアの保険診療もしくは、自由診療をおこなっております。

クラミジアの検査結果はネットで確認できます。
検査結果

クラミジアは淋菌と比べると症状が出にくく、あまり症状が強くない場合でも感染していることがある病気です。早期発見、早期治療が感染の拡大を防ぎます。

性器クラミジア

検査は尿検査になります。

治療法は、抗生物質の飲み薬中心に、抗生物質の点滴も選択肢になります。

保険診療の場合

診察代および検査代は、合計3,000円前後
薬代は、抗生物質の飲み薬1週間分2,000円前後

自由診療の場合

診察代および検査代は、合計3,000円(税込)
治療代は、抗生物質の飲み薬1週間分9,000円(税込)

咽頭クラミジア

検査は、うがい液を口に含んでおこないます。

治療法は、抗生物質の飲み薬もしくは抗生物質の点滴になります。

保険診療の場合

診察代および検査代は、合計3,000円前後
薬代は、抗生物質の飲み薬1週間分2,000円前後

自由診療の場合

診察代および検査代は、合計3,000円(税込)
治療代は、抗生物質の飲み薬1週間分9000円(税込)

保険診療と自由診療の検査や治療法の内容自体は大きな違いはありません。

保健所や郵送の検査で陽性が判明

保健所や郵送検査で陽性になった方は、結果画面をお持ちになれば、保険適応になります。

ページのトップに戻る