液体窒素によるいぼの治療

液体窒素療法は、凍結療法(とうけつりょうほう)、冷凍凝固療法(れいとうぎょうこりょうほう)とも呼ばれています。

液体窒素療法とは、マイナス196℃の超低温の液体窒素を綿棒などに染み込ませて、患部を急激に冷やす(低温やけどさせる)ことによって、皮膚表面の異常組織(ウイルスが感染した細胞など)を壊死させて、新たな皮膚の再生を促す治療法です。

通常、1度では完全に取りきれないため、1週間から2週間に1度くらいの間隔で、液体窒素療法を繰り返します。当然液体窒素を強く当てると治りは早いのですが、その分痛みも感じやすくなりますので、反応をみながら治療します。

液体窒素を押し当てた患部組織は、低温やけどにより壊死するため、治療後、しばらくすると内出血、水ぶくれ、痛みが生じることがありますが、徐々にもどるので大きな心配はいりません。

ウイルス性のいぼ以外にも老人性のいぼや尖形コンジローマなど様々な皮膚疾患に対して液体窒素療法はおこなわれております。

通常、病院の皮膚科では、いぼに対する液体窒素療法は保険が適応されます。 新宿駅前クリニック皮膚科では、液体窒素をご用意し、綿球による液体窒素療法を保険診療でおこなっております。

液体窒素後の注意点

イボを液体窒素で治療後したあとに、大きな水ぶくれ、血豆(ちまめ)、痛み、内出血が生じることもあります。

マイナス196℃の超低温の液体窒素により、低温やけどをさせたことにより起こる症状で、よくおこることなので不自由かもしれないですが、心配する必要はありません。 水ぶくれや血豆を、針でほじったり、むしったりなどすると、ウィルスの感染が広がり、いぼが他の部位にも広がる場合がありますので、いじらない方がよいです。

皮膚の新陳代謝とともに、水ぶくれは乾き、血豆は黒いかさぶたになって剥がれ落ちていきます。

液体窒素後の痛みは、通常2、3日前後で徐々に治まることがほとんどです。神経を圧迫、刺激したことにより、痛みが生じます。

内出血も吸収され徐々に薄くなります。水ぶくれや血豆ができるということは、反応を起こしていることで、全く変化がない状態よりも治りやすい状態にあります。

水ぶくれや血豆は破らないようにして、自然に破れてしまったら、ガーゼで保護してじゅくじゅくしないようにしましょう。

ページのトップに戻る