肌荒れの注意点

化粧品かぶれの場合は、まずは化粧品の使用を中止します。

できるだけ刺激の少ない化粧品(敏感肌用)を選ぶとよいでしょう。

ひげそりまけの場合は、できるだけひげをそらないようにしてください。

T字のひげそりよりも電気シェーバーの方が刺激少ないです。

乾燥による肌荒れの場合は以下の点に注意してください。
1風呂で石鹸やボディーソープを使いすぎたり、タオル使用でこすりすぎたりすると悪化することがあります。
2毛糸など刺激の強い衣服を避けてください。
3乾燥が強い場合は、加湿器などで部屋の湿度を上げます。
4皮膚が乾燥してカサカサと粉をふいた状態で、かきこわすことによって湿疹ができることもありますのでかかないことが大切です。

ページのトップに戻る