肌荒れの症状

肌荒れは、皮膚の表面がかさついたり、ぶつぶつしたり、炎症を起こして肌荒れの症状があらわれます。炎症が強い場合は、にきびや吹き出ものができることもあります。 秋から冬にかけての乾燥しやすい季節は皮脂が減るにつれて,皮膚の水分量が低下してカサカサしやすくなります。その状態を皮脂欠乏症(乾皮症)ともいいます。なお、皮脂欠乏症が原因でおこる湿疹を皮脂欠乏性湿疹といいます。

ページのトップに戻る