院長紹介

人に感染するヘルペスは8種類

ヘルペスはヘルペスウイルス科に属しているウイルスに感染することで生じる病気ですが、ヘルペスの種類は実に多くなります。中でも人に感染するものは8種類であり、ウイルスの特徴が違うために発症する病気も異なってきます。

・単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)
口唇ヘルペス、ヘルペス性歯肉口内炎、角膜ヘルペス、ヘルペス性癩疸(ひょうそ)、カポジ水痘様発疹症、ヘルペス脳炎など

・単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)
性器ヘルペス、新生児ヘルペスなど

・水痘・帯状疱疹ヘルペス(VZV)
水痘(水ぼうそう)、帯状疱疹

・サイトメガロウイルス(CMV)
脳炎、肺炎、網膜炎、肝炎、まれに伝染性単核症など

・EBウイルス(EBV)
伝染性単核症など

・ヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)
突発性発疹、脳炎、壊死性リンパ節炎など

・ヒトヘルペスウイルス7(HHV-7)
突発性発疹など

・ヒトヘルペスウイルス8(HHV-8)
カポジ肉腫、悪性リンパ腫など

最も身近なヘルペスの種類

たくさんの種類があるヘルペスでも、感染しやすく、ヘルペスとして一般的に認知されているものは、単純ヘルペス(HSV)と水痘・帯状疱疹ヘルペス(VZV)です。

これらのヘルペスに共通することは、一度感染し症状が治ったあとでも、疲れやストレス、風邪などが引き金となって何度でも症状を現すといったところです。

単純ヘルペスは体の粘膜部分に水ぶくれをつくる特性がありますが、1型と2型では症状の出る部位が異なってきます。
1型に感染すると症状は主に上半身であり、口唇ヘルペスや角膜ヘルペスとなって現れ、もう一つの2型は主に下半身に症状が出やすく性器ヘルペスとなって現れます。

2週間ほど経過すると、皮膚の水ぶくれはかさぶたとなって治癒していきますが、水ぶくれの中には、ウイルスが大量に存在しているため、感染力が強い部分となります。
水泡をそのまま放置しておいたり、気になって患部をいじってしまうと、感染が広がる可能性がありますので、皮膚に異変を感じた場合は、速やかに新宿の当院皮膚科にご相談ください。

水痘・帯状疱疹ヘルペス(VZV)は、単純ヘルペスと違って初感染した際には「水ぼうそう」として全身に症状が現れます。
しかしウイルスは、その後も神経節に静かに潜み、免疫力が低下してくると今度は帯状疱疹として発症します。ウイルスがどの神経節に潜在しているかによって、発疹の出る部位が異なります。
新宿や、新宿近郊でも帯状疱疹で当院皮膚科を受診される患者様はいますが、初めは帯状疱疹の湿疹とはわからずに時間を経過してしまうケースが多いです。
帯状疱疹は、早いうちから治療をはじめると重症化しにくくなりますので、小さな発疹でも気が付いたときに、すぐに受診されることをおすすめします。

ページのトップに戻る