手荒れの治療薬

保湿剤

ヒルドイドソフト軟膏、ヒルドイドローション、ビーソフテンクリーム、ビーソフテンローション ベギン軟膏、アズノール軟膏、プロペト(白色ワセリン)、サトウザルベなどの保湿剤が手荒れ治療の基本になります。

ステロイドの塗り薬

炎症が強い部位には、アンテベート、ネリゾナ、マイザー、リンデロンVGなどを使用します。 ひどいときは、デルモベート(強めのステロイド)を使用することもあります。 傷がある場合は、クリームより軟膏の方が適しています。

抗アレルギー薬の飲み薬

かゆみが強い場合は、アレグラ、アレロック、ザイザル、ジルテック、エバステル、クラリチンなどの飲み薬を使用することがあります。

ページのトップに戻る