糖尿病の歴史

糖尿病

現代病とも捉えられている風潮が硬いのですが、実は糖尿病には古い歴史があります。

最も古いといわれているのは紀元前15世紀、エジプトの著書より糖尿病と思われる症状が伺われ、その後紀元1世紀のローマでは糖尿病の症状やその治療について記載されたものがあります。

もちろん当時も含め、それ以降もなかなか膵臓疾患として糖尿病の詳細を発見できずに月日を経過し、1921年にようやくインスリンの発見から1型糖尿病の病態のスタートが成されたことになります。

糖尿病は西洋だけには終わらず、日本においても糖尿病であろうと見解されている歴史があります。

平安時代の歴史書では藤原道長が糖尿病第一号ともいわれています。

糖尿病という断定はありませんが、「のどが渇き、飲んでも飲んでも潤わない」「体重も減り、体力もなくなった」「背中にできものがある」「視力の低下が著しい」などといった病による症状として綴られているといいます。

糖尿病は合併症を起こす疾患ですので、高血糖による口渇だけではなく免疫力の低下による感染症や、網膜症などが疑われると判断されています。

平安時代に比べると食事は昔に比べると何十倍も豊かになり、交通においても便利な時代になったことで、食事と運動のバランスが取れないのが現代です。

日本では4人に1人、糖尿病予備軍も含めるとさらに多くなり、今後もより多くの糖尿病罹患者が出るだろうと予想されています。

自分はもしかしたらという心配のある方や、念のため糖尿病の有無を知っておきたいという方も含めて、新宿の当院内科において診察してみてはいかがでしょうか。

糖尿病治療に欠かせないインスリンの歴史

糖尿病が膵臓疾患であるというところまでたどり着くまでもかなりの時間を要しましたが、糖尿病にインスリンが治療薬となるまでの歴史も大きな意味があります。

今では当たり前のように流通しているインスリンも、膵臓の研究をしていたカナダの医師によって1921年になって発見されました。

インスリンが製剤化されたのは1922年が世界初となりますが、当時は注射タイプではありますが、痛みが強く製剤の内容も今のように完全な無毒ではなかったので不純物などにより炎症なども伴ったといわれます。

それからインスリンは薬剤として進化を始め、インスリンの持続時間から効き目の度合いなどを差別化した製品や、インスリンの注射器具の形態も最良化されるようになりました。

最近ではインスリン注入ポンプなどの利用で苦痛や心配がかなり軽減されるようになっています。

新宿駅前の当クリニック内科では、糖尿病の内服治療をおこなっており、インスリン注射は実施しておりません。

ページのトップに戻る